春が来た

3月もそろそろ終わりですね。

花粉症が年々辛くなってはいますが、あたたかい春が季節のなかで一番好きです。

自分の誕生月ということもありつつ、冬から春へ転換する3月はとても好きなのですが……勤め始めてから3月がだんだん嫌いになり始めています。

年度末滅びろ。マジで。特に予定詰まってんのに至急とかって発注してくるクライアント滅びろ。

まあそんな恨み言はさておき。

みなさん、桜餅っていうとどんな姿を思い浮かべますか?

あんこが皮にくるっと巻かれているタイプ? それとも、お餅に包まれているタイプ?

私はまあ美味しければどっちでもいいのですが、あれも地域差の一つとしてよく話題になりますよね。

先日会社で桜餅をもらったのですが、それは皮に巻かれているタイプでした。

それを葉っぱをはがして食べていたら、横に座っていた上司に「お前、葉っぱ食べないの?」と言われました。

私は葉っぱの味が美味しいと思えないことと、和菓子を食べている時にしょっぱい味がするのが嫌ではがして食べる派だったのですが、上司は「葉っぱと一緒に食うのが美味いんじゃん~」と言ってそのままぱくぱく食べていました。

食べても食べなくてもどっちでもいいなら、私は食べませんけどね……

みなさんはどっち派でしょう。

 

 

さて、今回は話題らしいものを思いついていないのですが、スマホゲーの課金について話をしていきます。

一般的にスマホゲームは「ソシャゲ」と呼ばれたりしますが、ソーシャルゲームスマホゲーは厳密には違うらしいです。私もいま知りました。

ソシャゲはmixiとかGREEとかそういうSNS上で提供されているゲームのことらしいですね。

今回はそうではなく、スマホでやるアプリゲームのことについてです。

先日、F/GOでついに諸葛孔明を引くことが出来たんですよ。私、F/Zでライダー陣営が好きになってからエルメロイⅡ世について気になっていたのでどうしても引きたかったのですが、毎回毎回ピックアップの度に3万円分ずつ消費しても全然引けなかったんですよね……

苦節二年、やっと引くことが出来ました。この世の春です。

前のZeroイベントの時にイスカンダルは引けていたので、やっとライダーと会わせることが出来たという感動で一杯になりました。

こいつを引き当てるためにかかった金額は、記録していますが計算したくないのでとりあえず考えるのをやめておくことにします。

さて。

「基本無料」となっているゲームでも、課金要素はほぼあります。

スマホゲーに対して金を消費をすることは悪ではないと思いますし、それがガチャにであっても、ゲームの効率を良くするアイテムにであっても、それは当人が満足していれば他人にどう見えていようとも「金の無駄」ではないと思います。

ただ、きちんと見境をつけることが大事ですよね。運営側も利用者側も。

確率絞ったりとか本当にあるのかわかりませんが、それでもパーセンテージぐらいは提示してほしいですよね。まあ、引けるかどうかは結局運だし「出る」か「出ない」かの二択なので関係ないっちゃないとはいえ。

そして利用者側も破滅するまで引かないよう理性を保つのが大切です。私もわりと早い段階で孔明を引けたからいいものの、今回は本気で出るまで引こうと思っていましたので、今頃もしかしたら死んでいたかも知れません。

F/GOはなあ……概念礼装と鯖のガチャ分けてくれほんと頼むから。

今から分けると初期からやってたユーザーが云々とかそういう問題なのかも知れませんけど。

みなさんも節度あるプレイを心がけ、楽しく爆死しましょう。

 

今日はこのへんで。

ちくしょう!台無しにしやがった!お前はいつもそうだ。

このブログはお前の人生そのものだ。お前はいつも失敗ばかりだ。

お前はいろんなことに手を付けるが、ひとつだってやり遂げられない。 

誰もお前を愛さない。

 

 

……

前回の記事から3週間経っています。

そう、3週間です。

始めた頃は1週間に1回は必ずと言っていたのにです。

公約違反ですね。

まあ誰にも迷惑かけてないから謝りませんけど。

 

前回の記事ですよ。

ゲーム実況について話したんですけどあとから読み返してなんだこの酷い文章はと思いましたのでここでリベンジしたいと思います。

あれよく世に流したな自分。恥を知れよ。

本当は今すぐにでも削除してやりたい気持ちで一杯なんですが、自戒のためにとっておきます。

さて気を取り直して。

 

ゲーム実況とはなんぞやというところに関しては前回散々言ったので良いでしょう。

ようは、ゲームをやりながらしゃべってる様子を録った動画で、ゲームが面白かったり、やってる人のプレイが上手かったり、リアクションが面白かったり、全部含んでたりするところが面白いんだよ、ということです。

単純やね。

たったそれだけなのでもうこの記事書くことないのでこれで終わりたいと思います。

……というのはさすがに味気なさ過ぎるので、私が最近めっちゃ勧めたい動画でもいくつかあげときます。

まず一人実況から。

 

・一人実況

【INSIDE】ぼっちでINSIDE実況します【実況プレイ動画】

ホラーというか、ダークな世界観をいくゲーム。

しゃべりが実況慣れしていない感じはあるけれど謎解きめっちゃさくさく進む。初見を疑うレベル。

 

・二人実況

【AutoCraft】宇宙開発、はじめました【実況】

宇宙の星で乗り物を作ってなんとかしてオブジェクトに触りゴールを目指すゲーム。

とりあえず触りゃいいんだろの精神で突き進んでいく感じ。

永遠の未完。

 

この時点で「オイオイオイ」と思った人は私と友達になってください是非。

 

・二人以上の実況

【HoI2大日本帝国プレイ】大本営マルチ【マルチ実況プレイ】

Hoiっていう戦争を模した陣取りゲームのMODで、大日本帝国の陸軍二人、海軍二人、内閣総理大臣一人に分かれてロールプレイングしていく動画。

一部カミカミだけど歴史に則った発言が多く、壮大に何も始まらない。

現行でまだ完結してないです。

 

【マイクラ×人狼?】Minecraftで人狼っぽいことやってみたpart1【複数実況】

人狼っぽいことってあるけど人狼はあんまりしていない。

Minecraftで一つの大きな建物内で村人陣営と狼陣営が推理しながら敵も味方も縦横無尽にころしていく動画。怪しきは即粛正。

短編集みたいな感じ。

 

友人たちと本気で宇宙人と戦ってみた

Hoiっていう戦争を模した陣取りゲームのMODで、めっちゃ強いエイリアンに対抗する動画。

身内で争ってる場合じゃないのに隙あらば内ゲバするスタイル。

 

……。

お気づきの方もいらっしゃるでしょう。

今挙げた動画は全て同じ集団から出ています。

「○○の主役は我々だ!」

この人たちがえらい面白くて最近ずっと追ってます。

一番最初に見たのは「悪友たちと本気で戦略ゲーやってみた」だったかな。そのとき更新中でした。

最初見たときは頭の良い人たちだなーって感じだったんですが、それからしばらく見ないうちにずいぶんと大きくなってて、たくさん動画もあがってて、わりとびっくりしました。

最近では首謀者のグルッペン・フューラー氏がゲームを作って、そのゲームが漫画化されることが決定したとか。もうこれ(なんの集団だか)わかんねぇな。

(ていうかニコニコっていつのまにゲーム投稿出来るようになったんすか。すごいな)

とりあえずどの動画もめっちゃ面白いんで興味がある人は是非見てください。

一番最初におすすめなのは人狼かエイリアンです。

大本営マルチもめっちゃ好きなので推したいんですが、現行なのがネック。早く更新こないかな!

 

いや、他にも好きな実況者さんはたくさんいるんですよ。

けれどとりあえず一つ挙げるとするなら、と思って紹介させてもらいました。

もし他にも知りたいってことがありましたらツイッターにください。

書くことがあるかもしれません。

 

それでは今日はこの辺で。

 

ゲームって難しい

みなさん、突然ですが好きな「柄」ってありますか。

服とか鞄とかの柄です。柄杓の柄じゃないですよ。

私はチェック柄が昔から好きで、マフラーとかコートとか結構チェック柄のものが多いです。

でもついうっかりすると柄物が重なって非常にうるさい格好になったりするので、気をつけなければいけないですね。特にチェックはね。

でも好きなものはどうしようもなくて、気づくとチェック柄のものを手にとって眺めてしまうんですよね……近くで外から「お前チェック柄もうたくさん持っとるやろ」と言ってくれる人がいれば良いんですが。

さてそんな話はさておくとして、今回は私が長いこと好きでいる「ゲーム実況」について話をしたいと思います。

 

 

ゲーム実況、みなさんは見たことがありますでしょうか。

なにそれ? って方も、見たことがある、という方も、固定で好きな実況者さんがいる、という方もいるかもしれませんけれども、とりあえず説明していきます。

ゲーム実況とは、ゲームをしゃべりながらやっている人の様子を録画した動画のことです。実況中継の「実況」とはまた違います。

これについて「何が面白いの?」と感じる人がいると思います。かなりもっともな話です。

「何が面白いの?」の中には、二種類あるのではないでしょうか。

一つ目は「だってゲームは自分でやった方が楽しいに決まってるし、ただ見てるだけなんてつまらないでしょ」です。

ゲームというのは、普通は自分で考えたり操作したりして面白いものです。アクションでも推理ゲームでもパズルでも、ましてや某レースゲームなんか見るだけってなにが楽しいん、って思いますよね。

ただし。世の中には「ゲームは見ている方が面白い」という層が少なからずいるのです。私もその一人です。

その理由は様々あると思いますが、私の場合は、自身ゲームが超絶下手くそだからというのがあります。

基本的に脳筋なので、レベルを上げて物理で殴れないゲームはすぐに詰んでしまいます。推理ゲームとかもってのほかです。また、コマンドとか覚えられるはずもないので格闘ゲームや無双系のゲームもだめです。BASARAやってましたけどガードを永遠に知らないままとりあえず押し切ってました。

唯一ポケモンだけはずっとやっていますが、それでもポケモンの覚えている技なんて4つとも攻撃技ですよ。

そしてせっかちなので自分のクソみたいなプレイではまったくゲームが面白くない。そういうわけで、他人のやっているところを横から眺めるのが好きなわけです。

ですので、あくまでゲームを自分でやるのが好きな人には、ゲーム実況はかなり退屈でしょう。そういう人は自分でそのゲームやったらいいんです。私は他人に任せます。

さてもう一つは「知らん奴がただゲームに向かってしゃべってるのの何が楽しいの」です。

これについても好みがあると言わざるを得ませんが、ウケているゲーム実況は基本的に三種類に分かれます。

1:プレイが上手く、さくさく進む。

2:プレイはあまり上手くないけど、しゃべりやリアクションが面白い。

3:プレイが上手い上にリアクションが面白い。

所謂「人気の実況者」というのは、2か3が多いように思います。もちろん1もたくさんいるにはいますが。

つまりゲームの内容も重要なのですが、そのしゃべっている人の人間性、キャラクター性に惹かれるという層もいるのです。

さてこんな感じに言っているとアイドル実況者とか所詮一般人になに言ってんだとかそういう意見も出てくることだろうと思います。いや確かにその通りと言いたいところではございますが、私はちょっとだけ思います。

「自分の声(最近だと一部の人は姿も)をネット上に晒している人を『一般人』と呼ぶべきか?」

不特定多数の人に「その人と認識されている状態で」言動を見られるというのは、責任が伴います。飲み屋で部下に政治について講釈を垂れている上司とは訳が違います。不用意な発言をすれば叩かれるし、調子に乗った行動をとればたちまち炎上するわけです。こんな扱いなのに、一般人と言えるでしょうか。私は言えないと思います。あ、かといって彼らを持ち上げるわけではないことをご理解いただきたいです。むしろこの説をとるならSNSが普及している今、一般人っているのか? と思いますし。

話を戻しましょう。

さて。次は不穏な意見も予測して提示しておきます。

「本来買わないと中身を見られないものなのに、ネット上の無料で見られる動画に流してOKなのか?」

ものすごく真っ正直に言うならば、OKじゃないです。兄弟のやっているゲームを横から見るのとは訳が違います。ゲームの種類にもよりますが、全世界にむけてそのゲームのネタばれを流していることになったりするわけですから、本来ゲームを売っている方からしたら溜まったもんじゃないでしょう。実際それによって消えた動画もあったかと思います。でもそれは当然のことです。

ただ、最近は一部容認され始めていて、むしろ有名な実況者さんにゲームをテストプレイしてもらうことによって宣伝としている企業もあるようです。ストーリーのないゲーム(物作りゲーとか)は比較的ネタバレとかないからですかね。

推理ゲームの「ダンガンロンパ」なんかはネタバレされたら致命的な感じしますけれども、実況は1章までね! って公式が前もって言ってたりします。これ見たときは「おお!」と思いました。宣伝になるし、公式からのアナウンスを無視して続きを上げれば叩かれるのは目に見えてるから予防策にもなるでしょう。

とりあえず今は一斉削除ということはなく黙認、一部では容認されたりむしろ利用されたりしている、といった現状なんですかね。

ここまでつらつらとなにやら書いてきましたけれども、まあ結局はゲーム実況私は好きですよっていうことが言いたかったんです。具体的にどの動画がとかどの実況者さんがとか言い出すとそれぞれ個別で記事作れるぐらい長くなりそうなのでやめておきます。なにしろ十年ぐらいいろいろと見続けていますので。まだ自分自身のパソコンがなくてガラケーのちっっっちゃい画面で頑張って見ていたころが懐かしいです。

むしろなんか面白い動画がありましたら教えてください。

それでは今日はこの辺で。

あさず食せ ささ

みなさまどうもこんにちは。

昨日、部屋を掃除して見事腰がやられました。

会社の机周りは綺麗と定評のある私ですが、家はすっごい散らかってます。

仕事で使う書類なんかは期限が決まっててそれを過ぎたらもういらないなってわかるんですけど、私物だとそうはいかないじゃないですか。

衝動買いして積んである分厚い本とか。

大人買いしてまだビニールすら破いてない漫画とか。

資料として引っ張り出してそのまましまってない図鑑とか……なんか本ばっかりだな

自分のものだと気軽に断捨離できないのがつらいです。子供の頃に読んでた児童書とか、国語や美術の教科書とかまだ家にありますしね。捨てろよっていう。でも以外とそういうのがふとしたときの助けになったりして、結果捨てられないんですよね……

まあ、昨日は部屋に未開封のままたまり続けていたグッズをあらかたどうにかできたので、それが一番の成果ですね。

 

さて、今日はお酒の話をしますよ。

 

 

タイトルの言葉は古事記にある言葉で、とある神様の台詞の一部です。

全文はこちら。

「この御酒は 我が御酒ならず 酒の司 常世に坐す 石立たす 少名御神の 神寿き 寿き狂ほし 豊寿き 寿き廻ほし 献り来し御酒ぞ あさず食せ ささ」

つまり「このお酒は私(オキナガタラシヒメノミコト)が作ったんじゃなくて、スクナヒコナっていう、常世にいて、石に宿っている、酒の神様がめっちゃ祝福して作ったお酒なんですよ。さあ飲み干してください」ということです。

お酒というのは西洋でも東洋でも古来からいろいろな儀式に使われてきました。まああの飲んだときの酩酊感はそれこそ神がかりでもしたような気分ですよね。神がかりなんてしたことないけど。

 

私はお酒というものが大好きです。飲むのも飲んでる人を見るのも好きです。

(ただし酒飲んで行儀の悪いことする人は思いっきり軽蔑しますけど)

お酒を飲み始めてからまあまあ経ちますが、まだ甘いお酒が美味しい時期にいます。ただ酒飲みの両親曰く、いずれ甘くない酒に手を出す日が来るから、とのこと。なにそれこわい

中でも果実酒が好きです。あの舌がびりびりする感覚はいいですよね。梅酒もいいし、みかんとかぶどうとかのお酒も美味しい。

ワインについては、白は飲めるんですが赤はなんか香りに噎せちゃって飲めなかったです。食べ物に好き嫌いがあまりないので、飲めないことはないだろうと思って挑戦したんですけど、なんか赤はだめでした。なんでだろ。懲りずに機会があればまた挑戦したいです。

最近はコーラのハイボールがお気に入りです。ハイボール自体は甘くないのでそんなに得意じゃないですが、コーラが入ってるとそもそもの香りとコーラの味が妙に合っておいしいんですよね。

あとは、いま日本酒を勉強中です。両親が飲んでる日本酒をもらったりしてます。甘いだけのよりも酸味のある方が好きです。コンビニで、発泡してる日本酒あるじゃないですか。「澪」ってやつ。あれめっちゃうまい。

 

そのほかのお酒については飲んだことがないのであんまり言えませんが、お酒で立てなくなったり気持ち悪くなったりしたことがないので、いずれ挑戦はしてみたいですね。

ただし、お酒で失敗した人を目の前で見たことは何度かあります。ああにはなりたくないですね。気をつけなければ……

自分も体調によってはものすごく眠くなったりするので、会社の偉い人がいる前ではあんまりお酒飲まないようにしたりしてます。恐いからね。

みなさんも、お酒は楽しくお行儀よく適量で楽しみましょうね。

それでは今回はこの辺で。

これから「ネイティオ」の話をしよう

いやこのサイトめっちゃ面白いんですよ。

コピーメカ/キャッチコピー自動作成サイト

これからここでブログのタイトル考えてもらおうかな。

いや、タイトル考えるのって苦手なんですよね。小説のタイトルもこうやって自動生成してくれるようにならないかな。本文のなかから良い感じにキーワードとか抜き出してさ。

その前に「キーワード」とやらがちゃんと読んで伝わるような文章書けるようになってからだね。終了。

というわけで今日はネイティオの話をしますよ。

 

 

ポケモンの中で一番好きなのは、と訊かれたら、私は迷わず「ネイティオ」と答えます。

ネイティオを好きなのは別に強いからとかそういう理由ではないんですよ。

ひこう/エスパーは完全上位互換のシンボラーがいるしなって言った奴表でろ

良くないですか、あのなに考えてるんだかわからない目。

エジプトの壁画とかに描かれてそう。

図鑑によるとネイティオについて言い伝えられているのはみなみアメリカのようですが。

太陽を見つめて一日中動かないとか謎すぎませんか。

そんなネイティオの行動にいちいち翻弄されたいわけです。

全然動かねえからって一時間ぐらい目を離しといて、何気なくもう一度見たときに「……角度変わったかな?」とか気づきたいわけです。

そんな穏やかな余生をネイティオと過ごしたい。

感情表現豊かな生き物も良いんですが、何考えてんだかわかんない生き物ってわりと好きなんですよ。は虫類とかね。そういう感じです。

 

そういやいまサンムーンやってるんですけど、街歩いてるときに等身が低くならないのめっちゃびっくりました。

もう「レッツゴー!」ってテロップと効果音と共に主人公が小さくなる演出はなくなるのか、と思うとなんだか寂しいですね。

全体的に立体になって、ポリゴンっぽいというか、なんかそういう感じにただただ驚くばかりです。まあ3DSだし、と言ってしまえばそうなのですが。

思えば、私はポケモンと共に大きくなってきました。

まだ物心つかない頃に赤緑が出て、父親がやるのを真似て始めて以来、新しい世代が出るたびにどっちか買ってもらって、というのを繰り返してきました。なんだか、そう思うとすごく感慨深いです。

(ちなみに金銀の時代にはネイティオは別に好きじゃなかったです。魅力に気づいたのは中学か高校ぐらいのときでしたかね)

実はXYとORASをすっ飛ばしてサンムーンやってるんですよね。や、なんかね、流れてくる情報とか見ててね、ホラー要素がね? てか世代重ねるごとにホラー要素が露骨になってません? それでやる気しなかったんですよ。

ホラー苦手なんだよ! やめてよ!

シオンタウンのゆうれいとかはこう、仕様というか、表だって幽霊やでって言ってくれてるのでむしろ恐くないし、金銀のレッドさんに関しては幽霊じゃないだろって信じてるのでOK。ルビサファのレジ系? あれこじつけやろ。でも点字のあそこ恐い(小声)

でもダイパのもりのようかん。あれは許さん。

なんやねんあれ! あんなん突然出会ったら心臓飛び出るわ! 無理! 実際に遭遇してないのに恐くてしょうがない!

この世代からホラー要素びっくり要素がはっきり出てきましたよね、ほんと勘弁してくれ。

サンムーンやるにあたっても「恐いところある?」ってツイッターで訊いたからね。スーパーの奥の部屋に入った瞬間BGM消えるのほんとやめろって思いました。でもミミッキュかわいい。

XYもORASもやりたいんですけどね。とりあえずサンムーン殿堂入り(って今回も言うのか?)してからですね。恐いところあったら教えてください。避けるので。

まああれこれ言ってきましたけど、とりあえずなんでもいいからポケモンHGSSの神機能であるところの「連れ歩き」をさっさと復活させろと言いたい。これなんでなくしたんですかね。めっちゃネイティオに話しかけるのに。まあ今回のポケリフレもいいけど。

サンムーンはネイティが野生で出てこないんですよね。連れてこないとって思うんですけど、どうやってつれてくるんですかあれ……普通のDSと3DSって通信できたっけ。

よし、ネイティオに帰ってこれた。

ネイティオと一緒ならホラーも乗り越え……いや泣き叫ぶ私の横で表情を全く変えないネイティオが佇んでいる姿が目に浮かぶ。さすがである。

やネN1。

 

というかんじで今回はこの辺で。

かゆ こわ

どうもこんにちは。

いままでアレルギーとは無縁に生きていた私ですが、最近妙なアレルギーであることが発覚(?)しました。

仕事をしていて不意に腕や手首がかゆくなって、見てみると結構はっきりとしたミミズ腫れみたいなのが出ている、ということがたまにあったんです。

なにかなあと思ってよくよく思い出してみると、どうも段ボールを触ったあとに出ているらしいと気づきました。

いやでも段ボールにかぶれるってあるんか? と思いながら検索してみたら、まあ少なくはありましたがちょこちょこそれらしき話が出てきました。

段ボール、というよりも古くなった段ボールにいろいろとこう、良くないものがついたりするらしくそれに反応しているようなのですが、仕事上段ボールにはよく触るし触らないということが難しいので、まあ耐えるしかありません。

かゆみや腫れ自体は1時間もすれば消えますし別に我慢すればいいだけの話なんですが、地味に気になりますよね。

服に覆われているはずの腕とかでも出るので、もう仕方ないのかな……

まあそんな話もこれぐらいにしておいて、本日のメインいきましょう。

 

 

ジブリ映画について。

すごいベタだけど「千と千尋の神隠し」が一番好きです。

初めて観たとき小学生で、映画館に母親と観に行ったんですよ。で、お母さんとお父さん序盤で豚になっちゃうじゃないですか。

あれ、すっげえビビって。

カオナシとか湯婆婆とか全然目じゃなくて、あのシーンが衝撃的で私の最大のトラウマです。

だってお母さんとお父さんにいくら呼びかけても振り向いてくれなくて、やっと振り返ったと思ったらアレですよ。私だったら絶対泣き叫ぶと思います。

映画見終わったあと、母親に「あんた、お母さんとお父さんがあんな風になっちゃったら助けてくれる?」って訊いてきたんですよ。

私そのとき「わかんない」って震え声で言いましたからね。

クソ素直に言いましたからね。

それぐらい恐かったんです。

小学生のとき親が全てみたいなところあったので、よりどころたる両親がいなくなってしまうというのは子供の精神にとても大きなダメージを残していきました。

でも今となってはあの世界観とかは良いなあって思いますよ。絶対行きたくないですけど。行ったら多分5秒ぐらいで人間以外になると思います。クズやからね。

 

あと好きなのはこれもベタですけど「天空の城ラピュタ」ですね。

あれの何がいいって、ムスカ大佐ですよ。

ジブリの敵役ってこう「悪人」があんまりいない気がするんですよ。「主人公の敵」であって、悪い人ではない。

でもムスカ大佐は自分の私利私欲のために動いてます。思いっきり悪い奴です。それがいいんです。

あれだけ最後調子乗っといてやられ方がクッソ情けないのもいいですね。いい悪役です。

あとラピュタパンとでかいハムの塊は子供のときのロマンだよね。ラピュタパンは大人になってから食べることが出来ましたけどハムの塊かじるのだけはできてない。あれやりたいから私にハムの塊ください。是非ください。

 

しかし最近のって全然見てないんですよ。どれから見てないかな。とりあえずポニョあたりから多分見てないです。

でもそれ以前もあんまり観てなくて、耳をすませばとかめっちゃ有名なのに観たことないんですよ。恋愛ものだから観る気しないんですよね(小声)

あとハウルもないです。これは特に理由ないです、今まで観る機会なかったので。

ゲド戦記ナウシカはテレビでちゃんと観ました。金ロ様々ですね。ゲド戦記はまあ、続き物のごくごく一部なので、仕方ないね。

 

そのぐらいですね。

あ、ちなみに巷でまことしやかにささやかれているトトロの噂はみなさん信じる方ですか?

私は元々信じていませんでしたがなにやら私の母校の教授が立てた説らしいということをきいてますます信じなくなりました。

 

今回はこれにて。

美味しいものは正義

どうもみなさんこんにちは。

今年の冬は結構暖かいなーと余裕ぶっこいてたんですが、ここ数日の寒波に毎日がたがた震えています。突然寒くなりましたよね? なにあれ? 聞いてないんだけど。

まあ雪降ってないからまだマシですけどね。雪降ってると交通機関止まっちゃうしそれでも会社は遅刻厳禁だなんだとか言ってくるしほんとあいつら全員ハゲればいいのに

この世は理不尽なことばっかりですね。

さてそんな憂鬱になる話はこれくらいにして、本日はついったーで「最近食べた美味しいもの」の話をせよといただいたのでちょっとその話でもしますか。

 

最近ってどれぐらいさかのぼってもいいのかちょっとよくわかりませんが、去年の九月頭に名古屋で食べた「赤から鍋」は美味しかったですね。

実はそのときまでモツというものを全く食べたことがなかったんですが、めちゃめちゃ美味しいですねあれ。

でも調子に乗ってめっちゃ食べたら死ぬほどお腹痛くなって、ホテルのベッドで死んでました。とても後悔しました。油多かったしな……

食べたお店では辛さが0~10まで(だっけ)選べたのですが、一緒に行った友人と散々ビビり倒して審議を重ねて、普通と書いてあった「2」の辛さを選択しました。でも、もう少しいけましたね。次食べるときは3にしようと思います。

辛いものが好きな人は是非10を選択してみればいいと思います。そして感想聞かせてください。

名古屋といえば最近なんだか主要都市の中で人気ワースト1とかに選ばれてしまったらしいですが、まあ食べ物は美味しかったですよ。まあそれはどこも一緒か。

名古屋に行ったのに小倉トーストを食べなかったので、今度行くときは食べたいですね。もちろん朝食に。合うのかなって一瞬思いますけどよくよく考えたらあんパンじゃんね。違うか。

 

鍋の話してたら鍋食べたくなってきました。こうも寒いとあったかい料理が恋しくなりますよね。

古今東西様々な鍋料理がありますがみなさんなにがお好きですか。私は普通の寄せ鍋が好きです。あのなに入れても美味しいかんじがいいですよね。ちなみに最後は雑炊派です。

 

前の記事と比べるとずいぶん短くなってしまいましたがまあしかたないね。

今日はこの辺で。