読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かゆ こわ

どうもこんにちは。

いままでアレルギーとは無縁に生きていた私ですが、最近妙なアレルギーであることが発覚(?)しました。

仕事をしていて不意に腕や手首がかゆくなって、見てみると結構はっきりとしたミミズ腫れみたいなのが出ている、ということがたまにあったんです。

なにかなあと思ってよくよく思い出してみると、どうも段ボールを触ったあとに出ているらしいと気づきました。

いやでも段ボールにかぶれるってあるんか? と思いながら検索してみたら、まあ少なくはありましたがちょこちょこそれらしき話が出てきました。

段ボール、というよりも古くなった段ボールにいろいろとこう、良くないものがついたりするらしくそれに反応しているようなのですが、仕事上段ボールにはよく触るし触らないということが難しいので、まあ耐えるしかありません。

かゆみや腫れ自体は1時間もすれば消えますし別に我慢すればいいだけの話なんですが、地味に気になりますよね。

服に覆われているはずの腕とかでも出るので、もう仕方ないのかな……

まあそんな話もこれぐらいにしておいて、本日のメインいきましょう。

 

 

ジブリ映画について。

すごいベタだけど「千と千尋の神隠し」が一番好きです。

初めて観たとき小学生で、映画館に母親と観に行ったんですよ。で、お母さんとお父さん序盤で豚になっちゃうじゃないですか。

あれ、すっげえビビって。

カオナシとか湯婆婆とか全然目じゃなくて、あのシーンが衝撃的で私の最大のトラウマです。

だってお母さんとお父さんにいくら呼びかけても振り向いてくれなくて、やっと振り返ったと思ったらアレですよ。私だったら絶対泣き叫ぶと思います。

映画見終わったあと、母親に「あんた、お母さんとお父さんがあんな風になっちゃったら助けてくれる?」って訊いてきたんですよ。

私そのとき「わかんない」って震え声で言いましたからね。

クソ素直に言いましたからね。

それぐらい恐かったんです。

小学生のとき親が全てみたいなところあったので、よりどころたる両親がいなくなってしまうというのは子供の精神にとても大きなダメージを残していきました。

でも今となってはあの世界観とかは良いなあって思いますよ。絶対行きたくないですけど。行ったら多分5秒ぐらいで人間以外になると思います。クズやからね。

 

あと好きなのはこれもベタですけど「天空の城ラピュタ」ですね。

あれの何がいいって、ムスカ大佐ですよ。

ジブリの敵役ってこう「悪人」があんまりいない気がするんですよ。「主人公の敵」であって、悪い人ではない。

でもムスカ大佐は自分の私利私欲のために動いてます。思いっきり悪い奴です。それがいいんです。

あれだけ最後調子乗っといてやられ方がクッソ情けないのもいいですね。いい悪役です。

あとラピュタパンとでかいハムの塊は子供のときのロマンだよね。ラピュタパンは大人になってから食べることが出来ましたけどハムの塊かじるのだけはできてない。あれやりたいから私にハムの塊ください。是非ください。

 

しかし最近のって全然見てないんですよ。どれから見てないかな。とりあえずポニョあたりから多分見てないです。

でもそれ以前もあんまり観てなくて、耳をすませばとかめっちゃ有名なのに観たことないんですよ。恋愛ものだから観る気しないんですよね(小声)

あとハウルもないです。これは特に理由ないです、今まで観る機会なかったので。

ゲド戦記ナウシカはテレビでちゃんと観ました。金ロ様々ですね。ゲド戦記はまあ、続き物のごくごく一部なので、仕方ないね。

 

そのぐらいですね。

あ、ちなみに巷でまことしやかにささやかれているトトロの噂はみなさん信じる方ですか?

私は元々信じていませんでしたがなにやら私の母校の教授が立てた説らしいということをきいてますます信じなくなりました。

 

今回はこれにて。