ゲームって難しい

みなさん、突然ですが好きな「柄」ってありますか。

服とか鞄とかの柄です。柄杓の柄じゃないですよ。

私はチェック柄が昔から好きで、マフラーとかコートとか結構チェック柄のものが多いです。

でもついうっかりすると柄物が重なって非常にうるさい格好になったりするので、気をつけなければいけないですね。特にチェックはね。

でも好きなものはどうしようもなくて、気づくとチェック柄のものを手にとって眺めてしまうんですよね……近くで外から「お前チェック柄もうたくさん持っとるやろ」と言ってくれる人がいれば良いんですが。

さてそんな話はさておくとして、今回は私が長いこと好きでいる「ゲーム実況」について話をしたいと思います。

 

 

ゲーム実況、みなさんは見たことがありますでしょうか。

なにそれ? って方も、見たことがある、という方も、固定で好きな実況者さんがいる、という方もいるかもしれませんけれども、とりあえず説明していきます。

ゲーム実況とは、ゲームをしゃべりながらやっている人の様子を録画した動画のことです。実況中継の「実況」とはまた違います。

これについて「何が面白いの?」と感じる人がいると思います。かなりもっともな話です。

「何が面白いの?」の中には、二種類あるのではないでしょうか。

一つ目は「だってゲームは自分でやった方が楽しいに決まってるし、ただ見てるだけなんてつまらないでしょ」です。

ゲームというのは、普通は自分で考えたり操作したりして面白いものです。アクションでも推理ゲームでもパズルでも、ましてや某レースゲームなんか見るだけってなにが楽しいん、って思いますよね。

ただし。世の中には「ゲームは見ている方が面白い」という層が少なからずいるのです。私もその一人です。

その理由は様々あると思いますが、私の場合は、自身ゲームが超絶下手くそだからというのがあります。

基本的に脳筋なので、レベルを上げて物理で殴れないゲームはすぐに詰んでしまいます。推理ゲームとかもってのほかです。また、コマンドとか覚えられるはずもないので格闘ゲームや無双系のゲームもだめです。BASARAやってましたけどガードを永遠に知らないままとりあえず押し切ってました。

唯一ポケモンだけはずっとやっていますが、それでもポケモンの覚えている技なんて4つとも攻撃技ですよ。

そしてせっかちなので自分のクソみたいなプレイではまったくゲームが面白くない。そういうわけで、他人のやっているところを横から眺めるのが好きなわけです。

ですので、あくまでゲームを自分でやるのが好きな人には、ゲーム実況はかなり退屈でしょう。そういう人は自分でそのゲームやったらいいんです。私は他人に任せます。

さてもう一つは「知らん奴がただゲームに向かってしゃべってるのの何が楽しいの」です。

これについても好みがあると言わざるを得ませんが、ウケているゲーム実況は基本的に三種類に分かれます。

1:プレイが上手く、さくさく進む。

2:プレイはあまり上手くないけど、しゃべりやリアクションが面白い。

3:プレイが上手い上にリアクションが面白い。

所謂「人気の実況者」というのは、2か3が多いように思います。もちろん1もたくさんいるにはいますが。

つまりゲームの内容も重要なのですが、そのしゃべっている人の人間性、キャラクター性に惹かれるという層もいるのです。

さてこんな感じに言っているとアイドル実況者とか所詮一般人になに言ってんだとかそういう意見も出てくることだろうと思います。いや確かにその通りと言いたいところではございますが、私はちょっとだけ思います。

「自分の声(最近だと一部の人は姿も)をネット上に晒している人を『一般人』と呼ぶべきか?」

不特定多数の人に「その人と認識されている状態で」言動を見られるというのは、責任が伴います。飲み屋で部下に政治について講釈を垂れている上司とは訳が違います。不用意な発言をすれば叩かれるし、調子に乗った行動をとればたちまち炎上するわけです。こんな扱いなのに、一般人と言えるでしょうか。私は言えないと思います。あ、かといって彼らを持ち上げるわけではないことをご理解いただきたいです。むしろこの説をとるならSNSが普及している今、一般人っているのか? と思いますし。

話を戻しましょう。

さて。次は不穏な意見も予測して提示しておきます。

「本来買わないと中身を見られないものなのに、ネット上の無料で見られる動画に流してOKなのか?」

ものすごく真っ正直に言うならば、OKじゃないです。兄弟のやっているゲームを横から見るのとは訳が違います。ゲームの種類にもよりますが、全世界にむけてそのゲームのネタばれを流していることになったりするわけですから、本来ゲームを売っている方からしたら溜まったもんじゃないでしょう。実際それによって消えた動画もあったかと思います。でもそれは当然のことです。

ただ、最近は一部容認され始めていて、むしろ有名な実況者さんにゲームをテストプレイしてもらうことによって宣伝としている企業もあるようです。ストーリーのないゲーム(物作りゲーとか)は比較的ネタバレとかないからですかね。

推理ゲームの「ダンガンロンパ」なんかはネタバレされたら致命的な感じしますけれども、実況は1章までね! って公式が前もって言ってたりします。これ見たときは「おお!」と思いました。宣伝になるし、公式からのアナウンスを無視して続きを上げれば叩かれるのは目に見えてるから予防策にもなるでしょう。

とりあえず今は一斉削除ということはなく黙認、一部では容認されたりむしろ利用されたりしている、といった現状なんですかね。

ここまでつらつらとなにやら書いてきましたけれども、まあ結局はゲーム実況私は好きですよっていうことが言いたかったんです。具体的にどの動画がとかどの実況者さんがとか言い出すとそれぞれ個別で記事作れるぐらい長くなりそうなのでやめておきます。なにしろ十年ぐらいいろいろと見続けていますので。まだ自分自身のパソコンがなくてガラケーのちっっっちゃい画面で頑張って見ていたころが懐かしいです。

むしろなんか面白い動画がありましたら教えてください。

それでは今日はこの辺で。